1. ホーム
  2. ほほえみコラム一覧
  3. 夏休み中の学校用品…どこに置くか問題

夏休み中の学校用品…どこに置くか問題

Life Hack

2021.07.28

夏休み始まる
ファイルボックス
絵の具セット 習字道具
お片付け

夏休み中の学校用品…どこに置くか問題

とうとう始まったオリンピック…!…ではなく、夏休み。

目の前の現実、夏休みです。

そんなに全部持って帰ってこなくちゃいけないの!?っていうくらい持って帰ってきました。

●宿題
●提出物、プリント
●絵の具セット
●習字道具
●お裁縫道具
●算数バック
●図工バック
●音楽バック
●お道具箱
●防災頭巾
●1学期に作った作品の数々
●体操着
●水着セット(今年はうちの学校は緊急事態宣言になり、なくなりました)
●給食の白衣(これは持ち帰るか帰らないかは、運です…)
ちなみにうちは、子供が2人とも給食の配膳台のカバーを持って帰ってくるというミラクルを起こしました…
(クラスで2人しか当たらないやつ!)ちょっと泣いていいですか…

この沢山の学校用品の整理から、夏休みが快適に過ごせるかどうかが決まります。

あまり気は乗らないけど、長い夏休み、覚悟を決めて整理しましょう。

ただでさえ、子供が家にいて散らかりやすい中、普段使わない物が部屋中に溢れていたら頭が回らなくなります。

その使わない物の中に大事な宿題や書類が紛れてしまったら…

…なんておそろしい妄想をするだけで疲れてしまいます。

夏休みの間の自分のため、家族の平和のためにやっちゃいましょう…!


まず、一番大事な宿題、提出物は「子供1人ごとに、まとめてわかりやすい場所に置く!」

勉強をする場所の近くが良いですね!新学期に慌てずに済みます。


絵の具セットや習字道具など、出番がしばらくなさそうなものは、もう収納上や奥、目のつかない場所にしまい込んでしまってオッケー!

ごちゃごちゃしていると視界に入るだけで疲れちゃうしね…

ただ、そこには落とし穴があります。

完全に忘れられると

●絵の具、クレヨン、のり、セロハンテープなどの補充
●リコーダーの掃除、筆の掃除

このあたり、高確率で忘れ去られ後々面倒くさいことになります。

さっさと先にやってしまうか、スケジュールに入れてチェックする時間を作りましょう。

持ち帰った作品の一部は、一定期間飾る。
(子供に聞いて、捨てられるものは捨てちゃいます。写真を撮ってから手放してもいいですね)

作文やテスト類は、一定期間とっておきたいなら場所を決めてしまう。
(見返すことがないのでうちは捨てています…)

テストは間違っていたところを理解したら、もうさっさと捨てています…。


とっておきたいのであれば、ちゃんと場所を決めてまとめて置いておきましょう。

たいして見直さないものをぐちゃぐちゃに置いておくのは…無駄です。

どうしてとっておきたいのか、考えてみてからどうするか決めてみてくださいね。

理由が「なんとなく」「捨てるのが悪い気がする」などだったら…

え、じゃあいらなくない!?って個人的には思ってしまいますが 笑


では、皆様、ちょっと覚悟を決めて、できる限り整った部屋で夏休みを快適にお過ごしくださいね。

 

 

←Prev:「プチ断食の効果。免疫力を上げたい!」

→Next:「手軽に非日常気分を味わおう!「新横浜プリンスホテル」の旅」

投稿者プロフィール

木村心保(キムラミホ)

整理収納アドバイザー1級
練馬区を中心にお片付けサポート、相談などでゆる~く活動中
(実際ほぼ専業主婦)
現在は整理収納の活動で仕事するより「風水で金運アップをし、夫の収入をがんがん上げてなるべく楽に楽しく生きる」を目指しながら、夫と小学生の姉妹2人とで、なかなか幸せに生活している。

Ameba Blog はこちら